専業主婦でも借りれるレディースローン一覧

女性向けキャッシングとは

昭和の時代の消費者金融やキャッシング会社では、利用客の大半が男性でした。当時の名称がサラリーマン金融でしたので、融資の対象はサラリーマンだったのです。しかし、時代を遡ればサラリーマン金融の前身であった団地金融では、団地に住む主婦を相手に小口融資を開始したのが始まりです。即ち、女性向けのキャッシングが現在の消費者金融の由来ということになります。

レディースローン

その後、消費者金融がテレビのコマーシャルなどでお茶の間に広まったことで、爆発的に一般人に浸透していきます。急なお金の入り用の際に簡単にお金が借りれる金融会社の存在は、非常に便利なものとされたのです。しかし、当時の金融業者は今では考えられないような高金利でキャッシングしており、支払いが出来なく顧客が必然的に発生し、厳しい取り立てなどが社会問題となっていきました。

そういった問題を解決すべく法改正がなされ、現在のような低金利で借りれることになりました。そして現在では女性客が半数に迫るが如く増加しています。その要因として、男性より女性のほうがブランド品などの購買欲が強く、金融業者でキャッシングをしてまでも物品を購入しようとする顧客が存在しているのです。

その行為の善悪は別として、ご自分の信用でキャッシングをしているのですから、他人が咎めることでもないでしょう。

主婦の取り扱いについて

消費者金融などの金銭賃借業者のフリーローンとは、顧客の信用に対して融資をするのが一般です。信用というのは、支払い能力であることが重要となってきます。専業主婦の場合、個人の収入がないので信用力については皆無といっても過言ではありません。

つまり無職扱いとなってしまいます。無職では、どの金融業者でもキャッシングは出来ません。

しかし、夫がサラリーマンで支払い能力を備えている場合、その夫の承諾書があれば、夫の信用を担保としてキャッシングをすることは可能です。どうしてもお金が必要な主婦の方は、夫の承諾書を持参すればお金を借りることは可能です。

消費者契約法

2000年に制定された消費者契約法とは、事業者が顧客との契約を締結するにあたって、事実と異なる説明などを行った場合にその契約を解除できることが定められました。

その後、2006年に団体基礎制度の創設が盛り込まれた消費者契約法の改正が施行されました。2007年には、悪質商法の被害者に代わって、政府の認可を得た消費者団体が相手方の事業者に対し事業差し止めの提訴を行うことができる消費者団体基礎制度が新たに創設されました。

0

この消費者団体起訴制度は、伝統的な起訴制度では覚束なかった消費者の権利や利益に焦点を当てるものとして、拡散的利益を保護する制度としても称されています。

消費者契約法の一部改正に至った経緯については、消費者契約に関するトラブルの増加傾向やサラ金問題、多重債務救済問題など社会的話題性が高まってきたことによるものです。

特に消費者契約に関する被害については、同種の被害者が多数発生するという特徴を有しており、被害に対する未然防止や拡大化に対応した防止策が重要となります。

消費者契約法の現行規定でも個別事案を事後的に救済することは可能でしたが、事前に不当な行為を抑制する対策として、認定を受けた消費者団体が差し止め請求を行える法改正に至ったのです。

0

その消費者契約法によれば、適格消費者団体は、事業者、受託者等または事業者の代理人として請求できることになっています。

消費者契約法において消費者団体に差し止め請求権を特別に付与するのは、個々の消費者には差し止め請求権がないからです。消費者団体適格性に関する規定は、消費者団体に対する認定制度からなっています。

行政庁の判断

00
これには、二つの手段があり、第一は裁判所が個々の事案ごとに団体の適格性を判断するのではなく行政庁の判断に委ねられます。第二には、登録制度はなく、これも行政庁が実質的審査を実施して認定します。但し、消費者団体の適格認定案件などの内部のインフラ整備が今後の課題といえるでしょう。